MENU

あなたははっさくみかんを食べますか

冬場で家でみかんを食べる時期、決まって出てきたのがこいつ。
ってか、はっさくみかん。
一回りも二回りもでかくて、皮が厚い。

 

だから、剥きにくい。よく、包丁で切り目をつけてから、
剥いていた。それで、剥くときも、皮の汁が飛び出て、
目にはいたり、すごい刺激臭がして、思わず、

 

酸っぱさが伝わってきた。
それが、はっさくみかんの強烈なイメージ。
だから、よく食べていたみかんとは、ぜんぜん違う。

 

できたら、避けたいって感じで、むいたものを
渡されても、食べるのに一苦労。
でかいし、皮が硬い。

 

だから、身をとるのが面倒。
食べにくいわけだ。
しかし、いまはどうか。

 

いまなら、こっちのほうがいいかもしれない。
それは、さくって、歯ごたえがいいから。
甘みとか、果汁ってほとんど感じないけど、

 

食べている時の感じがさっぱりして好きになった。
まあ、好みは変わるものだ。
普通のみかんに比べて、収穫が少なかったのだろうか、

 

なんか、ありがたく頂いていた感じを持っていた。
だから、特別なもの。
でも、最近は、そんな位置づけもないだろう。

 

ごく普通のくだものに違いない。
ビタミンCが豊富ということで、
とりたいくだものの一つだ。

 

わりと、見た目に栄養があるってところがいいね。

このページの先頭へ