スカイプ 英会話の効果

ホール・ランゲージ

 

  • スカイプ英会話の効果を考えましょう。
  • まずは、英語教授法を振り返りましょう。
  • ホール・ランゲージ

 

ホール・ランゲージでは、ひとつの教授法というのではなく、
全体的な教育運動として行っていきます。

 

これまでの英語教授法とは、逆のやり方にも思えます。
過去には、言語学習を分析して、ポイントを見出さし、

 

そこを重点的に攻略していこうというようなやり方でした。
一方、ホール・ランゲージは、分析というより総合、

 

全体、これまで言語学習をいわゆる断片的な見方で
取り扱ってきたものを、全体で捉えようというのです。

 

ですから、文法なら、文法の授業とか、
発音だけみたいな指導はしません。

 

その代わり、全体ですから、総合、一緒にやりましょうというんです。
この教授法のポイントは、経験にあります。

 

学習過程というのは、経験なんだ、、、
その時の交渉という行為をしながら、言葉を学んで行くんだろうというんですね。

 

ですから、特に学習者の興味のある、関心のあることを
重要視します。

 

それなら、行動、活動も真剣で、本物の学習となるでしょう。
その過程で、言葉も学んでいきます。

 

教科書も、学習者が書いたジャーナルとか
用意されたものを使います。

 

スカイプ英会話効果へもどる

 

スカイプ英会話効果トップ

 

関連ページ

文法訳読法
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。文法訳読法
直接法
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。直接法
ナチュラルメソッド
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。ナチュラルメソッド
コミュニカティブ・アプローチ
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。コミュニカティブ・アプローチ
ナチュラル・アプローチ
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。ナチュラル・アプローチ
オーディオリンガル・メソッド
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。オーディオリンガル・メソッド
サイレント・ウェイ
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。サイレント・ウェイ
サジェストペディア
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。サジェストペディア
トータル・フィジカル・レスポンス
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。トータル・フィジカル・レスポンス