スカイプ 英会話の効果

ナチュラル・アプローチ

 

  • スカイプ英会話の効果を考えましょう。
  • まずは、英語教授法を振り返りましょう。
  • ナチュラル・アプローチ

 

クラッシェン(Krashen)、テレル(Terrell)は、コミュニカティブ・アプローチをさらに
突き詰めて、ナチュラル・アプローチを打ち立てました。

 

彼らには、仮説があります。それは、次のようなものです。

 

モニター・モデル:

  • Acquisition-learning Hypothesis(習得・学習の仮説)
  • Natural Order Hypothesis(自然順序の仮説)
  • Monitor Hypothesis(モニターの仮説)
  • Input Hypothesis(インプットの仮説)
  • Affective Filter Hypothesis(情意フィルターの仮説)

 

彼らの目指した教授法は、自然に習得できるものとされています。
それで、言語能力の獲得過程は、

 

Acquisition(習得)とlearning(学習)に分けています。
そして、コミュニケーション能力はAcquisitionによって得られ、

 

Learningは補助的な役割しか果たさないというのです。
こうしたことを踏まえて、授業が組み立てられるのですが、

 

ポイントがあります。

 

  • 学習の妨げになる心理的要因を排除する
  • 自然順序に従う
  • 理解可能なインプットを与える
  • 言語の学習よりも習得に重点を置いたコミュニケーション活動

 

自然なコミュニケーションということを強調している感じがよく現れていますよね。

 

スカイプ英会話効果へもどる

 

スカイプ英会話効果トップ

 

関連ページ

文法訳読法
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。文法訳読法
直接法
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。直接法
ナチュラルメソッド
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。ナチュラルメソッド
コミュニカティブ・アプローチ
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。コミュニカティブ・アプローチ
オーディオリンガル・メソッド
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。オーディオリンガル・メソッド
サイレント・ウェイ
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。サイレント・ウェイ
サジェストペディア
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。サジェストペディア
トータル・フィジカル・レスポンス
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。トータル・フィジカル・レスポンス
ホール・ランゲージ
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。ホール・ランゲージ