スカイプ 英会話の効果

サイレント・ウェイ

 

  • スカイプ英会話の効果を考えましょう。
  • まずは、英語教授法を振り返りましょう。
  • サイレント・ウェイ

 

サイレント・ウェイの開発は、Gattegnoによって成されました。
この教授法では、子供の能力に着目し、

 

それを言語学習に入れられています。
まず、子供の能力とは、こどもにとって知らないものが多いわけですけど

 

それを自分たち自らうまく処理しているということです。
そのやり方は、こんな風に対応していると考えられています。

 

子供は、無意識のうちに仮説を立て、それを試す作業を繰り返しながら、
未知を既知に変えていきます。

 

ですから、このようなやり方で外国語も習得させようというのが
サイレント・ウェイです。

 

主役は学習者にあり、彼らが作業を繰り返すことになるわけですが、
それを助けてあげる役割を教師がするという具合です。

 

その時に使われるものを以下にあげます。

 

  • サウンド/カラーチャート・・・発音を指導するための色の付いたカード
  • フィデル(スペルチャート)・・・S/C チャートを文字で置き換えたもの
  • ワードチャート・・・S/C チャートに対応した色で書かれた数百の単語表
  • ロッド・・・1cmから10cmまでの棒。組み合わせて人や車などを表すためのもの
  • 壁紙・・・より上級の語を導入するための絵教材
  • 支持棒・・・チャートを指したりリズムをとったりするためのもの

 

ただ、補助という立場の教師の具体的な指導がちょっと分かりにくい気がします。

 

スカイプ英会話効果へもどる

 

スカイプ英会話効果トップ

 

関連ページ

文法訳読法
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。文法訳読法
直接法
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。直接法
ナチュラルメソッド
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。ナチュラルメソッド
コミュニカティブ・アプローチ
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。コミュニカティブ・アプローチ
ナチュラル・アプローチ
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。ナチュラル・アプローチ
オーディオリンガル・メソッド
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。オーディオリンガル・メソッド
サジェストペディア
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。サジェストペディア
トータル・フィジカル・レスポンス
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。トータル・フィジカル・レスポンス
ホール・ランゲージ
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。ホール・ランゲージ