スカイプ 英会話の効果

オーディオリンガル・メソッド

 

  • スカイプ英会話の効果を考えましょう。
  • まずは、英語教授法を振り返りましょう。
  • オーディオリンガル・メソッド

 

アメリカにおいて、ひとつの英語教授法が開発されました。
開発したのは、ミシガン大学のチームです。

 

第二次世界大戦が終わり、アメリカでは、外国人留学生の受け入れが
始まりました。

 

留学生が増えるに従い、ある問題が浮上したのです。
それは、彼らの英語の能力です。

 

大学で専門分野の知識を学ぶのには、難しいケースが多かったわけです。
それで、大学としてもすぐに使える、とにかく通じる英語を

 

身につけてもらいたいと思ったわけです。
それが、開発へとつながりました。

 

それが、このオーディオリンガル・メソッドです。
スキナーらの行動心理学などの影響を受けています。

 

1. 言語学習は、機械的練習による習慣形成であり、
  過剰な練習こそ自動的反射的な主観を形成し得る。

 

2. 音声言語の学習を優先させ、文字教育は副次的とし口頭練習を重視する。

 

3. 言語教育とは、言語を教えるのであり、言語について教えるのではない。
  文法文型等は、様々な場面における例やドリルを通し把握させる。

 

4. 母国語話者が話す言語に忠実であること。
  すなわち、最初の段階からナチュラル・スピードで、しかも正確な発話を要求する。

 

5. 目標言語と学習者の母語との対照研究により、学習者の困難点を予測し参考とする。

 

すぐに使えるとい目的からか、授業の流れも徹底している感じがします。
まずは、対話文の授業で、音の模倣、反復、暗記を重ね、習熟します。

 

さらに、それを教室活動で実践的に使えるように練習させます。

 

スカイプ英会話効果へもどる

 

スカイプ英会話効果トップ

 

関連ページ

文法訳読法
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。文法訳読法
直接法
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。直接法
ナチュラルメソッド
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。ナチュラルメソッド
コミュニカティブ・アプローチ
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。コミュニカティブ・アプローチ
ナチュラル・アプローチ
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。ナチュラル・アプローチ
サイレント・ウェイ
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。サイレント・ウェイ
サジェストペディア
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。サジェストペディア
トータル・フィジカル・レスポンス
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。トータル・フィジカル・レスポンス
ホール・ランゲージ
スカイプ英会話の効果を考えましょう。まずは、英語教授法を振り返りましょう。ホール・ランゲージ