行政書士 独学 テキスト

行政書士試験合格のための勉強量

 

  • 行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。
  • ここでは、行政書士試験準備一般です。
  • 行政書士試験合格のための勉強量

 

ここでは、行政書士試験合格のためにどのくらいの勉強が必要かについて
お話したいと思います。

 

勉強のやり方、勉強の質で、勉強時間は変わってきます。
実際、何回も不合格を経験されている方もいれば、

 

一度あるいは二度の受験で、合格されていらっしゃる方もいます。
長くなればなるほど、勉強時間は多くなっているわけで、

 

知識量も多くなっているはずですが、それでも不合格を繰り返されているのには、
やはり、原因があるわけです。

 

勉強時間だけは、長くなっても、ご本人の試験勉強へのモチベーションもさがり、
理解度も落ちる場合が考えられます。

 

とくに、独学では、こうした状況に陥りやすい傾向がありますから、
初めからしっかり計画を立て、がむしゃらに、あるいは漫然と

 

取り組むことだけは、避けたいものです。
勉強する範囲は、試験に出る、それも重要度の高いものから

 

修めていくことが大切です。
あなたがそれの順番がわからないのでしたら、まずそれを

 

決める作業、あるいは、それができている講座なり、テキストを
お買い求めになるのが得策です。

 

あとは、できるところを真剣に、集中して勉強するだけです。
書籍をあれこれ読み漁るだけではいけない、、、ということですね。

 

方向が決まったら、まず、全体を眺めてみることが必要です。
この段階では、まだ知識も全然ない状態です。

 

そして、勉強を始めて、テキスト、問題集を使いながら、
ある程度の知識が入ってくる方になります。

 

問題も解けるようになってくるでしょう。
しかし、この段階では、まだ記述問題とかはあやふやな状態に違いありません。

 

さらに、細かなところまで深く勉強するようになると、
知識が身に付き、自分の言葉で説明できるレベルに達します。

 

この段階での問題集や模試は非常に効果的で、
問題形式での解答方法、やり方が身について、

 

グーンと点数もアップするでしょう。
この段階での行政書士試験では、合格間違いないと言えるのではないでしょうか。

 

ですから、キチンと行政書士試験の勉強方向と範囲を
最初に定めて、それであとは、一回、二回と勉強していき、

 

繰り返し問題を解いていくことによって、理解も深まり
慣れても来るわけです。

 

総合で、600時間から1000時間と見られています。
ただし、これはあくまでも目安に過ぎません。

 

 

 

行政書士試験短期合格術

 

このサイトの内容があなたのお役に立てると嬉しいです。

 

行政書士独学テキストのページへ戻る

 

関連ページ

行政書士試験と社会人
行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。ここでは、行政書士試験準備一般です。行政書士試験と社会人
行政書士試験合格の条件
行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。ここでは、行政書士試験準備一般です。行政書士試験合格の条件
合格へのヒント
行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。ここでは、行政書士試験準備一般です。合格へのヒント
行政書士試験合格者とは
行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。ここでは、行政書士試験準備一般です。行政書士試験合格者とは