行政書士 独学 テキスト

合格へのヒント

 

  • 行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。
  • ここでは、行政書士試験準備一般です。
  • 合格へのヒント

 

ここでは、行政書士試験に合格するための具体的なヒントをお話したいと思います。

 

  • はじめに無理のないしっかりした勉強計画を立てる
  • 勉強を少しでも毎日取り組めるような生活環境を整える
  • 法律科目を重点的に攻略する
  • あまりにも深いところまではこだわらない
  • 理解重要、しかし暗記も時には大切
  • 模試で必ず試す
  • 前向きな姿勢

 

勉強計画は、勉強自体と同様あるいはそれ以上に大切な物です。
勉強する対象、その範囲と決めていくんですが、

 

それが、決まっているかいないかで、
行政書士試験勉強をスタートしてから、大きな差がで、

 

最悪、合否に大きく影響します。
それほど、大切なものとお考えください。

 

単なる時間割と解釈されないように気をつけてくださいね。
もちろん、時間割もあり、無理のない勉強で、

 

モチベーションを維持していく必要があります。
次に、毎日の勉強です。

 

コレがなかなか難しい方がいらっしゃいますが、
少ない時間でも行政書士試験勉強をすることで、

 

全体にだいぶ違ってきます。
ですから、曜日によって勉強できる時間が違うのなら、

 

火曜日は、30分で復習に当てるとか、
簡単に済んで、それでも効率が落ちないような

 

やり方に自分の生活スタイルを変えていくのが
いいと思います。

 

生活環境も変え、勉強スタイルもそれに合わせるというやり方で
バランスを取っていくわけです。

 

次に、勉強するならまずは、法律科目です。
点数配分とかからも言えますが、実際行政書士試験は

 

法律系に属しています。
これが、メインとお考えください。

 

そこで、法律となると、広く深く、底なしのようなイメージですが、
そこは、割りきって、ある程度理解したら、次に進むようにして

 

勉強する方がいいです。まずは、全体を理解することが大切なんですね。
要らないと思った知識は、覚えないぐらいの判断も時には必要でしょう。

 

行政書士試験合格のための知識か見極める判断です。
ですから、理解しようにも骨の折れる知識なら、

 

そのまま暗記で済ませることも必要です。
もちろん、理解してから身につけることがベストでしょうが、

 

目標は、合格です。
点数を得られず不合格になってはいけません。

 

それで、模試は必ず受けるようにしてください。
即、実践というのは、試験不慣れで、

 

落ち着いて試験が受けられるかに関わります。
緊張して、覚えていた知識も出てこないこともありますから。

 

全体としては、いろいろ精神面も含め障害が出てくるでしょうが、
割りきって、取り組んでいくことが大切でしょうね。

 

 

 

行政書士試験短期合格術

 

このサイトの内容があなたのお役に立てると嬉しいです。

 

行政書士独学テキストのページへ戻る

 

関連ページ

行政書士試験と社会人
行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。ここでは、行政書士試験準備一般です。行政書士試験と社会人
行政書士試験合格のための勉強量
行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。ここでは、行政書士試験準備一般です。行政書士試験合格のための勉強量
行政書士試験合格の条件
行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。ここでは、行政書士試験準備一般です。行政書士試験合格の条件
行政書士試験合格者とは
行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。ここでは、行政書士試験準備一般です。行政書士試験合格者とは