行政書士 独学 テキスト

憲法攻略ワザ

 

  • 行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。
  • ここでは、行政書士試験対策(憲法)です。
  • 憲法攻略ワザ

 

ここでは、憲法攻略ワザについてお話します。

 

問題を解いていくわけですが、問題によっては、かなりの長文問題があります。
試験の時には時間配分がとても大切になりますから、

 

最初は、それをスルーしてください。
そして、問題をしっかり読むことが大切です。

 

勘違いをして読んだりすると、解ける問題も解けないというか、
まったくわからない状態に陥ってしますこともあります。

 

そして、抽象的なものが出てきたら、具体例に当てはめながら、
イメージできるぐらいにしていくことができたら、解きやすいです。

 

単純な条文問題にしても、取りこぼししないように、しっかり解答する。
そして、各問題を読んだ際に、そもそも憲法のどの辺を言っているのかを考える。

 

さらに、判例問題なら、より具体的に何について問うているのか、
自分のわかる例を見つける。

 

自分で理解している例なら、答えも正確になりますから。
また、試験問題が、正解を要求しているのか、間違い箇所を見つけさせようとしているのか、

 

勘違いしないで取り組むこと。
多いケースではないですけど、問題の趣旨を逆に理解して進める場合があります。

 

わたしも行政書士試験ではありませんが、過去に焦った経験があります。
次に、基本ですが、消去法で解答していくほうが、

 

より確かな正解が得られます。
その際、曖昧な表現で悩むことになったら、

 

具体的なものに置き換えて、判断したらいいでしょう。
その言葉がどこまで適応できるものか、

 

わかってくるはずです。
すると、違いが見えてきて、どちらを消去していいか

 

根拠もはっきりして、進めることができます。

 

 

 

行政書士試験短期合格術

 

このサイトの内容があなたのお役に立てると嬉しいです。

 

行政書士独学テキストのページへ戻る