行政書士 独学 テキスト

商法攻略

 

  • 行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。
  • ここでは、行政書士試験対策(商法)です。
  • 商法攻略

 

ここでは、商法攻略についてお話したいと思います。

 

商法は、大改正があり、条文の順番も変わるほどの規模のようです。
それで、商法では、会社法がメインとなると思います。

 

そこで、商法の特徴を挙げてみますと、

 

条文の数が多い。(1000ぐらい)

ですから、勉強する量、範囲が広く、難しいと言っていいでしょう。

 

各条文が長文である。

条文の言葉もそうですが、理解するのに、苦労します。

 

条文を引くのに、他の条文が絡んでくる。

上と同様、理解するのに難しくなり、同時に引くのが嫌になります。

 

会社法は、普段の生活と関連性が薄い

会社の組織・運営のことで、実際のイメージしにくい科目です。

 

民法ベースで考える必要がある。

そもそも会社法は民法の特別法で、民法の知識が必要です。
そうでないと、理解しにくいところが出てきます。

 

それでは、どうやって会社法を勉強していったらいいのでしょうか。

 

幅が広いということろで、基本になるところをキチンと把握して、
そこは、よく理解するまで集中的に勉強した方がいいです。

 

それ以外のところまで、条文を引き引き、引きまくりで
やっていたら、勉強を進めるのが大変になります。

 

基本をおさえたら、過去問とか模試に出るところを
中心に覚えるのが得策でしょう。

 

分からなかったら、もう暗記するという手段で行きましょう。
この程度で商法(会社法)を押さえていけば

 

大丈夫だと思います。
他の科目に比重をかけ、点数を上乗せするんですね。

 

 

 

行政書士試験短期合格術

 

このサイトの内容があなたのお役に立てると嬉しいです。

 

行政書士独学テキストのページへ戻る