行政書士 独学 テキスト

法律科目攻略法

 

  • 行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。
  • ここでは、行政書士試験勉強テクニックです。
  • 法律科目攻略法

 

ここでは、法律科目攻略についてお話したいと思います。
法律の基本は、六法にあると言ってよいでしょう。

 

行政書士試験では、それに行政法が加わる形でしょうか。
といっても、憲法、民法、刑法、刑事訴訟法、民事訴訟法、商法ですが、

 

刑法、刑事訴訟法は、関係ありません。
これを全部やるとなるととてつもなく時間がかかります。

 

ですから、基本的なところを絞って勉強することが大切になります。
数は、複数ですが、考え方、範囲が共通していることろが

 

ありますから、まずはそこを狙うべきでしょう。
なぜなら、複数の法律科目に関わり、それを押さえることで、

 

各々の科目を進めやすくなり、そして、法律科目同士の関連が
分かってきて、理解するのによいです。

 

つまり、勉強の効率があがります。
さて、行政書士試験では、民法と行政が重要科目として位置づけられることが多いです。

 

出題の比率からすると行政法が目立ち、
それでか、まず行政法の勉強に取り組む方が多い傾向のようです。

 

一般的には、そのようでも、ちょっと考えると、そして先程の
効率の面からすると、わたしなら民法という結論だ出します。

 

共通性の面からしても、法律の基本としての位置づけで、
民法をやったほうが得策のように思えます。

 

ですから、この基本をしっかり身につけ、それは、考え方や知識を取り入れることにより、
他の法律科目の勉強の際に、とても役に立つというわけです。

 

ですから、効率的といえるわけですね。
たとえば、利益衡量という考え方です。

 

憲法でも行政法でも多く見られる考えからです。
このように、他でも応用の効くものがあり、勉強がしやすくなりますね。

 

あとは、厳密に順番はその人のレベルによって異なるでしょうが、
重要科目としての行政法を持ってくる人も多いでしょう。

 

しかし、まだそこにいかなくても大丈夫なですね。
なぜかというと、行政法も民法の応用が効くといっても、

 

法律の寄せ集めみたいな行政法ですから、
ちょっと、バラバラ感があり、それより、民法でしっかり基礎を習得したなら、

 

その類似性でより二つを理解することができるからです。
やはり、関連性のあるものを先にすべきでしょうね。

 

それで、しっかり基礎ができた時に、応用力まで試す上でも
行政法に取り組んだら、一見バラバラの法律でも

 

理解するときに、基本からの理解でやっていけるからです。
いかがでしょうか。

 

そして、商法も基本を身につけるという順番がベストのような気がします。

 

 

 

行政書士試験短期合格術

 

このサイトの内容があなたのお役に立てると嬉しいです。

 

行政書士独学テキストのページへ戻る

 

関連ページ

行政書士試験の本番対策
行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。ここでは、行政書士試験勉強テクニックです。行政書士試験の本番対策
行政書士試験直前対策
行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。ここでは、行政書士試験勉強テクニックです。行政書士試験直前対策
行政書士試験直前の復習
行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。ここでは、行政書士試験勉強テクニックです。行政書士試験直前の復習