行政書士 独学 テキスト

テキストの選び方(科目別・問題形式別)

 

  • 行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。
  • ここでは、テキスト選びです。
  • テキストの選び方(科目別・問題形式別)

 

ここでは、科目別のテキスト・参考書選びに関してです。

 

憲法:

 

憲法においては、判例が重要となります。
ですから、判例が充実していて、そのポイントがしっかり分かりやすいテキストがいいでしょう。

 

さらに、判例でもどれがより重要なのか、見た目にマークなどがあると理解しやすいですね。
勉強する上で、とてもわかり易く、問題を解くときにも調べやすくなります。

 

さらに、どれから勉強していいか迷うことなく、順序を容易く決められます。

 

行政法:

 

行政法においては、分類が分かりやすくされていて、
目で分かりやすいテキストがいいでしょう。

 

さらに、具体例でしっかり説明されいたら、理解しやすいです。

 

民法:

 

条文の趣旨・文言の定義が分かりやすい。
典型事例などは図解とかで、分かりやすく説明されているといい。

 

重要なポイントに関しては、反論も交えて、説明されているといい。

 

 

商法(会社法):

 

条文に重点がおかれている方がいい。
これも、図解などで、分かりやすく説明されているといい。

 

一般知識:

 

あまり、理屈や議論が多くない方がいい。
重要なポイントがわかりやすい方がいい。

 

択一式問題集:

 

テキスト・参考書と連動しているものがいい。
本試験形式のもののほうがいい。

 

 

記述式問題集:

 

あまりたくさん多すぎないものがいい。
採点基準が分かりやすいものがいい。

 

 

 

行政書士試験短期合格術

 

このサイトの内容があなたのお役に立てると嬉しいです。

 

行政書士独学テキストのページへ戻る

 

関連ページ

テキスト選びの注意点
行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。ここでは、テキスト選びです。テキスト選びの注意点
テキストの選び方(一般)
行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。ここでは、テキスト選びです。テキストの選び方(一般)
参考テキスト(基本書)
行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。ここでは、テキスト選びです。参考テキスト(基本書)
参考教材(テキスト・参考書・問題集)
行政書士試験を独学で合格できるテキストを考えましょう。ここでは、テキスト選びです。参考教材(テキスト・参考書・問題集)