行政書士 独学 テキスト

合格へのルート

 

行政書士試験の例年の出題数と配点を分析すると、
つぎのようなことが判明します。

 

  • 行政法と民法が突出して点数が高い
  •  

  • 行政法と民法だけで合格点をクリアできるほど2科目が重視されている
  •  

  • 全300点中6割以上の180点以上をとる
  •  

  • 一般知識等問題でとにかく6問以上正解しなければ合格できない

 

そこで、ルート1としては、行政法、民法が攻略対象なのがわかります。
これなら、どの市販のテキストでも、先は明るくなってきましたよね。

 

さらに、民法は行政法に次いで大きな点数配分です。
ところが、民法は行政法と大きく異なり、記述問題に半分以上の40点の配点がなされています。

 

民法を攻略

 

   民法の記述問題に強くなるように勉強の重点をここに置く。

 

いかがでしょうか。
ルート1の詳細は、こちらのテキストがとても参考になると思います。

 

行政書士試験短期合格術

 

独学のルートでしっかり行政書士試験合格へ進んでいってくださいね。

独学で合格を勝ち取るポイント

 

行政書士を目指して、ひたすら努力されていませんか。
もちろん、それは素晴らしいことです。

 

しかし、
力の入れ方、方向がズレているとうまく点数に反映されませんよね。
合格が目標である以上、もっと戦略よく行政書士試験対策を行いましょう。

 

独学の方なら、さらによい味方、助っ人があると心強いですね。
試験準備のポイントは、

 

  • 試験の難易の程度と点数配分でもっとも合格しやすくなる傾向を
    つかむ
  •  

  • その傾向で、攻略すべきところを果敢に攻める

 

正しい力の配分で、効率よく行政書士試験勉強をなさっていただけたらと思います。

 

行政書士試験短期合格術

独学用行政書士試験テキストの選び方

 

行政書士試験のためのテキスト、参考書はたくさんあります。
どれも参考になるものばかりです。

 

しかし、特に独学で行政書士試験の準備をなさるあなたに
これは、選択肢多いという点で利点となりますが、

 

どれもこれも同じような内容、説明で頼りになるかというと、
十分とは言えません。

 

良さそうに思える書籍を次から次でへと購入して、
本の山になる可能性もありますね。

 

それらは試験問題の解説やら、知識で溢れているばかりで、
どうやったら、本当に合格できるのか、、、、

 

全て完璧にこなして、身につけたら合格でしょうけど、
それが実際には、難しいから、対策方法、やり方が必要なんですね。

 

良いテキストとは、

 

  • 合格に向けて、逆算して合格への道が示してあるテキスト

 

これが、一番分かりやすく、取り組みやすく、効率もよいベストなテキストでしょう。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

行政書士試験短期合格術

更新履歴